トップページ > 相談支援 > ストレングス・モデル解説

ストレングス・モデル解説

ストレングスとは?

ストレングス(Strength)とは、英語で「強さ・力」の意味です。

ストレングス・モデルは、その人が、元来持っている「強さ・力」に着目して、それを引き出し、活用していくケース・マネジメントの理論・実践の体系です。

チャールズ・ラップ/リチャード・ゴスチャ著『ストレングスモデル』によると、ストレングスには、4つの種類があります。

個人の属性(性質・性格)

その人がどういう人かを表すものです。「ユーモアがある」「人なつこい」「努力家である」などです。

才能・技能

その人が持っている才能や技能のことです。「生け花を教えることができる」「ホームページを作ることができる」「ギターを弾ける」などです。

関心・願望

その人が関心を持っているもの、強く願望しているもののことです。ストレングス・モデルでは、もっとも重要視されています。「海外旅行へ行きたい」「料理を教えたい」「漫画家になりたい」などです。

環境のストレングス

その人の持っている資産、人間関係、近隣の地域資源など、その人の外にあって活用することのできるものが環境のストレングスです。「お金には困っていない」「親戚のおじさんが近所で見守ってくれる」「商店街が近くにある」などです。

参考文献:Rapp,C.A.,Goscha,R.(2006).The Strengths Model : Case Management with People with Psychiatric Disabilities,Second Edition.Oxford University Press(日本語訳:金剛出版『ストレングスモデル』2008)

このページの上へ

ストレングス・モデル解説