トップページ > 相談支援 > ストレングス・モデル解説 >

平成22年度グループ・スーパービジョン

グループ・スーパービジョン

平成22年度、所沢市相談支援事業所では、小澤温(おざわあつし)先生(現・筑波大学教授)を講師にお招きし、1年間、ストレングス・ケアマネジメントの研修を実施しました。

相談支援事業所のスタッフが、毎月1回、事例を持ちより、グループ・スーパービジョンという手法で事例検討を行いました。そのときの様子は、広報紙『はあとりんく』第3号でも紹介しています。

『はあとりんく』第3号(2010年12月発行、PDF:7.75MB)

研修の様子

ストレングス・アセスメント・シート

グループ・スーパービジョンで事例を報告する際には、ストレングス・アセスメント・シートを使用しました。このシートは、アメリカのカンザス大学で使用されている様式を日本向けにアレンジしたもので、小澤教授の監修の下、作成したものです。平成22年度埼玉県障害者相談支援従事者養成研修(現任研修)でも、同様のストレングス・アセスメント・シートが使用されています。

ダウンロード

ストレングス・アセスメント・シート(平成22年度版) Excel:20KB
PDF:13KB

グループ・スーパービジョンのページへ